薩摩治兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

薩摩 治兵衛(さつま じへえ、天保2年(1831年) - 明治33年(1900年)2月)は、近江商人。極貧から身を立てて豪商となった。

生涯[編集]

薩摩治兵衛は、天保2年(1831年)近江国犬上郡四十九院村字南町(現滋賀県犬上郡豊郷町四十九院)に生まれ、幼名を与三吉と言った。父茂兵衛は農業を営んでいたが、治兵衛が9歳の時に死去、田畑と家も売却し、母と弟と3人で村外れの茅屋に住い、僅かばかりの田畑を小作して極貧の生活を過ごした[1][2][3][4]。再三再四、母に江戸に行き商人になりたいと申し出[3]、12から13歳の頃漸く母の許可で出江戸へと向かった[1]

江戸日本橋堀留(現東京都中央区日本橋堀留町)にある、近江商人で綿織物問屋小林吟右衛門(通称丁吟)の店に丁稚奉公に入った。治兵衛はよく働き、暮れの休みも仲間の丁稚が遊びに行くところ、家で読み書きの稽古に励み、また給金・小遣いも主人に預け、1両、2両と母に仕送りをし、28歳で店の若衆頭となったが、煙草も酒もやらず、朝早く起きては丁稚と共に拭き掃除を行い、夜は燈火の下で仕事に励み、羽織も毎晩たたみしわ伸ばしをし清潔な装いを守っていた[1]。誠実な仕事ぶりから取引先からも絶大な信用を得、主人は雇い人の模範と一目置き、娘を嫁がせ別家を立てさせ通い番頭として取り立てた。しかし、妻の我儘が原因で離縁となったが、主人は罪は娘にあるとして、引き続き番頭として遇した。ただ、治兵衛は既に離縁となった事から別家を返上し、住み込み番頭と自らなった[1]。2番番頭にまで進み仕入れの一切を任されるようになり、遂に34歳の時に治兵衛は主人に暖簾分けを願い出、許された[3][1][4]

慶應2年(1866年)江戸日本橋田所町(現中央区日本橋富沢町)に店『薩摩屋』を構えた[3][4]。しかし新たに店を立てるに際し、吟兵衛からの資金支援はなく、先輩奉公人であった杉村甚兵衛より2千両を資本として借り入れた[4]。毎朝3時に起き、仕事に東奔西走した結果、杉村からの借り入れは1年程で返済する事が出来た。新しい商品仕入れにも敏感で、横浜で金巾(かなきん、キャラコ)を目にすると世の中に好まれる事間違いないとし、未だ攘夷の風が残る中、外国商人より積極的に仕入れ大いに利益を得たと言う[4]。信用第一に直向きに仕事を行い、明治33年(1900年)死去した。この前年、『薩摩屋』は996千円の売上税を納め、日本一の大店となっていた[5]

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 「豪商の雇人時代 商人立志」 P71「薩摩治兵衛」の項(墨堤隠士著 大学館 1903年)
  2. ^ 「現代実業家立身伝」 P125「薩摩治兵衛」の項(氷川隠士著 磯部甲陽堂 1912年)
  3. ^ a b c d 「現代実業家立身伝」 P125「薩摩治兵衛」の項(氷川隠士著 磯部甲陽堂 1912年)
  4. ^ a b c d e 「現代致富成功法」 P114「織物界の成功者 薩摩治兵衛氏」(鈴木易三著 福生書院 1922年)
  5. ^ 「日本商工営業録 明治33年4月刊(訂正2版)」 P33「田所町 薩摩治兵衛」(井出徳太郎編 日本商工営業録発行所)
  6. ^ 『官報』第1279号「彙報 - 官庁事項 - 褒章」1887年10月1日。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]