薛曇尚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

薛曇尚(せつ どんしょう、生没年不詳)は、北魏末から東魏にかけての官僚本貫代郡

経歴[編集]

薛虎子の子として生まれた。御史を初任とし、奉朝請を加えられた。517年熙平2年)、徐州の穀陽戍主に任じられ、行南陽平郡事をつとめた。母が死去すると、服喪のため職を去った。521年正光2年)、柔然婆羅門涼州で北魏への帰順を求めてくると、曇尚は封熙とともにその応接にあたった[1]。正光年間、孝明帝南朝梁と国境を接する陽平郡に派遣する人材を求めると、蕭宝寅が曇尚を推挙したため、曇尚は陽平郡に赴任した。

525年孝昌元年)、徐州刺史元法僧が反乱を起こして梁につくと、曇尚は元法僧の使者を斬って、その首級を安楽王元鑑のもとに送った。曇尚は梁の将軍の王希聃に敗れ、捕らえられて建康に送られた。梁の武帝による礼遇を受け、帰国を望んで許された。洛陽に帰ると、孝明帝によりもとの官に戻された。

528年武泰元年)、曇尚は員外散騎常侍となり、朝廷の意を受けて爾朱栄のもとに使者として赴き、その動向を観察した。同年(建義元年)、司徒左長史・兼吏部尚書に任じられた。晋陽に赴き、爾朱栄に官を授与した。洛陽に帰ると、永安侯の爵位を受けた。まもなく後将軍定州刺史に任じられた。530年永安3年)、爾朱栄が死去すると、曇尚は魏蘭根に代わって持節・兼尚書・北道行台に任じられた。後に鎮東将軍・金紫光禄大夫となった。532年太昌元年)、征東将軍の号を加えられ、行兗州事をつとめた。

東魏の天平年間、驃騎大将軍・斉州刺史に任じられた。曇尚は3州の刺史を歴任したが、いずれも貪婪残虐の不評を買った。に帰り、将作大匠に任じられた。後に在官のまま死去した。享年は61。都督瀛滄二州諸軍事・本将軍・儀同三司瀛州刺史の位を追贈された。

脚注[編集]

  1. ^ 魏書』巻51 封敕文伝

伝記資料[編集]

  • 『魏書』巻44 列伝第32