薛初古抜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

薛 初古抜(せつ しょこばつ、427年 - 484年)は、北魏軍人。またの名は車輅抜。もとの名は洪祚。本貫河東郡汾陰県

生涯[編集]

薛謹の長男として生まれた。太武帝により初古抜の名を賜った。445年太平真君6年)、盧水胡の蓋呉関中で反乱を起こし、薛永宗汾水のほとりに拠って蓋呉と結んだ。翌年、太武帝が親征して薛永宗を包囲すると、初古抜は郷里の兵を集めて蓋呉と薛永宗の間の連絡を遮断した。反乱が鎮圧されると、初古抜は中散の位を受け、永康侯の爵位を受けた。450年(太平真君11年)、太武帝が南朝宋に対して親征すると、初古抜は従軍して都将となった。翌年、長江の線まで進軍して帰還した。462年和平3年)、陸真とともにの仇傉檀・強免生らを討った。469年皇興3年)、散騎常侍の位を受け、西河長公主を妻に迎え、駙馬都尉となった。この年、族叔で南朝宋の徐州刺史薛安都が北魏に帰順すると、初古抜は彭城におもむいて薛安都を迎えた。冠軍将軍・南豫州刺史に任じられた。472年延興2年)、鎮西大将軍・開府の位を受け、爵位は平陽公に進んだ。482年太和6年)、河東公に改封された。484年(太和8年)3月、突然の病のために死去した。享年は58。左光禄大夫の位を追贈された。は康といった。

子女[編集]

伝記資料[編集]