蕭子倫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

蕭子倫(しょう しりん、479年 - 494年)は、南朝斉皇族。巴陵王。武帝蕭賾の十三男。は雲宗。

経歴[編集]

蕭賾と傅充華のあいだの子として生まれた。484年永明2年)7月、巴陵王に封じられた。489年(永明7年)2月、持節・都督南豫司二州諸軍事・南中郎将・南豫州刺史となった。492年(永明10年)、北中郎将・南琅邪彭城二郡太守に転じた。493年(永明11年)、蕭昭業が即位すると、禄に優れた南彭城郡の任を剥奪され、代わりに南蘭陵郡の任が与えられた。494年隆昌元年)、散騎常侍・左将軍の位を受けた。同年(延興元年)10月、宣城王蕭鸞の命により中書舎人茹法亮が派遣され、子倫は殺害された。享年は16。

伝記資料[編集]