蕭吉珊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
蕭吉珊
Xiao Jishan.jpg
『最新支那要人伝』(1941年)
プロフィール
出生: 1893年12月22日
光緒19年11月15日)
死去: 1956年8月26日
Flag of Cambodia.svg カンボジア王国プノンペン
出身地: 清の旗 広東省潮州府潮陽県
職業: 政治家
各種表記
繁体字 蕭吉珊
簡体字 肖吉珊
拼音 Xiāo Jíshān
和名表記: しょう きちさん
発音転記: シャオ ジーサン
ラテン字 Hsiao Chi-shan
テンプレートを表示

蕭 吉珊(しょう きちさん)は、中華民国台湾)の政治家。蒋介石の秘書で、中国国民党国民政府において華僑関連政策を担当した人物である。

事跡[編集]

公立広東高等師範学校を卒業した後、汕頭に赴き、道尹公署科長となる。その後、故郷に戻り、県勧学所所長となった。1924年民国13年)夏、黄埔軍官学校創設の時に、蒋介石の秘書に任命された。1926年(民国15年)の北伐に際しても、国民革命軍総司令部機要室秘書に任ぜられている。

1927年(民国16年)、蕭吉珊は中国国民党中央特派員として南洋へ僑務(華僑関連事務)の視察に赴いた。帰国後の1929年(民国18年)1月に、国民政府僑務委員会委員に任ぜられ、9月、外洋籌募公債委員会委員に転じた。同年、国民党中央監察委員会秘書長となり、さらに南京特別市党部執行委員兼常務委員となった。1931年(民国20年)9月、僑務委員会常務委員となり、12月に党第4期中央執行委員候補に選出され、中央海外党務委員会委員も兼ねた。1932年(民国21年)10月、国民政府宣慰華僑専員に任ぜられている。

1935年(民国24年)11月、蕭吉珊は第5期中央執行委員に昇格・選出され(後の第6期も同様)、中央海外党務委員会主任委員代理にも就任した。1936年(民国25年)7月、広東省政府委員に任命されている。1938年(民国27年)4月、党中央海外部副部長に昇進し、南洋研究所所長も兼任した。日中戦争(抗日戦争)に際しては米州各地を訪問し、華僑からの戦費募集・調達の任にあたっている。また、広東省では田糧処処長にも任ぜられた。

戦後の1946年(民国35年)11月に制憲国民大会代表、1948年(民国37年)に行憲国民大会代表にそれぞれ選出されている。1949年(民国38年)、国共内戦での国民党敗北と共に台湾に逃れ、1952年(民国41年)、党中央評議委員に任ぜられた。

1956年8月13日、訪問先のプノンペンで自動車事故に遭い、26日、この際の怪我が原因で死去した。享年64(満62歳)。

参考文献[編集]

  • 徐友春主編 『民国人物大辞典 増訂版』 河北人民出版社、2007年ISBN 978-7-202-03014-1
  • 劉国銘主編 『中国国民党百年人物全書』 団結出版社、2005年ISBN 7-80214-039-0
  • 東亜問題調査会 『最新支那要人伝』 朝日新聞社1941年