蒼穹舎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
蒼穹舎の写真集(原芳市綿谷修、栗原滋、長野重一、橋本勝彦、小原里美、坂口トモユキ、ジョン・ハーディング、大塚めぐみ)

蒼穹舎(そうきゅうしゃ)は、写真集を専門に刊行してきた日本の出版社

東京・新宿にあるギャラリーでは、写真専門の書店も併設する。1986年深瀬昌久の写真集『鴉』を出版して以来、数多くの写真集を世に送り出し、その功績が認められ、2008年には日本写真協会文化振興賞を受賞する[1]

代表者の大田通貴は、自社での出版以外にも『ワイズ出版写真叢書』やファッションブランドのHysteric Glamourが刊行する写真集にも編集者として参加している。

同社が刊行した写真集の写真家は、森山大道、楓祥子、門井幸子、松井洋子、平賀淳、柴田恭介、内堀晶、沢渡朔、松村明、早川大、水谷幹治、浜田蜂朗深瀬昌久楢橋朝子尾仲浩二石内都山内道雄野口賢一郎北井一夫藤原敦、など、多数に及ぶ[2]

出典[編集]

  1. ^ 社団法人 日本写真協会:「2008年日本写真協会賞受賞作品展」
  2. ^ Amazon.co.jp検索結果参照

外部リンク[編集]