蒋尊キ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「蒋尊簋」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
蒋尊簋
Jiang Zungui2.jpg
プロフィール
出生: 1882年光緒8年)
死去: 1931年民国20年)
中華民国の旗 中華民国(国民政府)広東省広州市
出身地: 清の旗 浙江省紹興府諸曁県
職業: 軍人
各種表記
繁体字 蔣尊簋
簡体字 蒋尊簋
拼音 Jiǎng Zūnguǐ
和名表記: しょう そんき
発音転記: ジアン ズングイ
ラテン字 Chiang Tsun-kui
テンプレートを表示

蒋 尊簋(しょう そんき)は、清末民初の軍人。中華民国の初代浙江都督。伯器

事跡[編集]

1900年光緒26年)日本に留学する。1904年(光緒30年)に陸軍士官学校を卒業した。翌年、東京で中国同盟会に加入し、宣伝部長に任じられた。

帰国後の1906年(光緒32年)、浙江新軍第2標標統に任命された。以後、第1標標統、弁目学堂総弁、教練処幇弁、浙江講武学堂総弁を歴任している。その後、広西省に転勤し、1909年宣統元年)広西参謀処総弁に就任した。1910年(宣統2年)、広東省に異動し、広東混成協協統に就任した。

1911年(宣統3年)10月に、広東革命派が武昌起義に呼応すると、蒋尊簋は都督府を組織し、軍事部部長に任命された。後に一時は都督代理をつとめている。1912年民国元年)1月、浙江省に戻って浙江都督兼民政長に就任し、2月には章炳麟張謇とともに統一党を組織した。

この当時、浙江省内では、蒋尊簋らの日本留学士官派と、南京陸師・保定速成等の国内卒業士官派との派閥争いが激化していた。同年7月、蒋は国内卒業士官派の朱瑞に追われる形で、浙江都督を辞任した。

1914年(民国3年)6月、蒋尊簋は袁世凱から宣威将軍に任命される。1915年(民国4年)、袁が皇帝即位を宣言すると、蒋は蔡鍔らが起こした護国戦争第三革命)に呼応する挙兵を浙江省で行い、袁討伐に動いた。1917年(民国6年)、護法戦争に参加する。民国10年(1921年)5月、非常大総統となった孫文の下で広州軍政府参謀次長に就任した。

その後、国民政府においても職歴を重ねる。1931年(民国20年)に、汪兆銘蒋介石に反対して広州で国民政府を樹立すると、蒋尊簋は汪を支持して広州国民政府委員となった。しかし同年、蒋尊簋は死去した。享年50。

参考文献[編集]

 中華民国の旗 中華民国(北京政府)北京政府
先代:
(創設)
浙江都督
1912年1月 - 7月
次代:
朱瑞