統一党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

統一党(とういつとう)は、李承晩政権第一共和国)時代の韓国における保守政党。群小政党として1961年5・16軍事クーデターによって解散させられるまで存在した。

概要[編集]

当時の有力野党民主党から除名された金俊淵が、党内の同調勢力を糾合して1957年11月16日に結成した。委員長(党首)には金俊淵が、副委員長に韓東燦と徐相灝が就任した。党結成時は国会議席2名(金俊淵と他1名)が在籍していたが、李承晩大統領与党である自由党と民主党の狭間で、勢力を伸ばすことが出来ず、1958年5月総選挙1960年7月総選挙では、同党が獲得した議席は1議席に留まった。

参考文献[編集]

関連項目[編集]