葦嶽山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
葦嶽山
Mt.Ashidake.jpg
標高 815 m
所在地 日本の旗 日本 広島県庄原市
位置 北緯34度50分48秒
東経133度07分40秒
座標: 北緯34度50分48秒 東経133度07分40秒
葦嶽山の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

葦嶽山(あしたけやま)は、広島県庄原市の東部、本村町に位置するである。標高815m。中腹部から山頂付近にかけ人工的に積み上げたようにも見える岩の形跡などのあることから、"日本ピラミッド"として知られており、古くは神武天皇陵と伝えられていた[要出典]

「日本のピラミッド」説[編集]

1934年酒井勝軍が「葦嶽山はピラミッドである」それも「2万3千年前の世界最古のピラミッド」であると唱えた。これが酒井勝軍の唱える「日本ピラミッド」の第1号となり、あわせて、全国の新聞に発表され、「日本ピラミッド」として知られるようになった。なお、日本の山をピラミッドとする説は多々あり、長野県の皆神山や秋田県の黒又山などが知られている。ただし、これらの説に考古学的な裏付けはない。