葛飾正久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

葛飾 正久(かつしか まさひさ、生没年不詳)とは、明治時代浮世絵師

来歴[編集]

『葛飾北斎伝』によれば江戸の人で、明治17年(1884年)に葛飾北斎の墓所誓教寺を訪れ、自らを「北斎の後」と称したという。北斎の門人だったかどうかは明らかではない。明治年間に葛飾正久と称し錦絵や読み物の挿絵を描いている。

作品[編集]

参考文献[編集]