葛飾戴斗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

葛飾 戴斗(かつしか たいと、生没年不詳)とは、江戸時代浮世絵師

来歴[編集]

葛飾北斎の門人。姓は近藤、名は文雄。通称は伴右衛門、喜三郎。斗円楼北泉、洞庭、洞庭舎、玄龍斎、米華斎、米華山人、米華道人、野竹、閑観翁、昇山などとも号す。もと但馬国(現兵庫県豊岡藩小笠原家の藩士として江戸に生まれた。初め上野山下に住み、後に平河町に移ったといわれる。

北斎の門に入り斗円楼北泉と称したが、文政3年(1820年)に葛飾北斎から「戴斗」の号を譲られ二代目戴斗を名乗り、葛飾戴斗、玄龍斎戴斗と号す。戴斗は北斎が文化8年(1811年)頃から文政2年頃まで使用した画号であった。その作品は高い評価を受けていたという[1]。北泉と称した時には『北斎漫画』二編の刊行に尽力した。作画期は文政から嘉永の頃にかけてで、作域は広く肉筆画の他、版本の挿絵、錦絵なども手がける。画風は北斎の画法を最も忠実に継いでいるが、『浮世絵師人名辞書』はこの戴斗について「…後大阪に至り、偽りて自ら北斎と称す、人卑みて犬北斎又は大阪北斎と呼べり」と記している。墓所は豊岡市三坂の旧瑞泰寺。門人に戴岳、北涯がいる。

作品[編集]

版本[編集]

  • 『二十四孝図会』一冊 ※文政5年(1822年)刊行
  • 英雄図会』一冊 ※文政8年(1825年)刊行
  • 万職図考』一冊 ※「文政丁亥」(文政10年)の序あり
  • 花鳥画伝』二冊 ※嘉永元年(1848年)から翌年にかけて刊行
  • 絵本通俗三国志』全七十四巻。※湖南文山訳・池田東籬亭校訳[2]
  • 『小紋雛形』一冊 ※刊行年不明
  • 『戴斗画譜』一冊 ※刊行年不明
  • 『武者鏡』 ※刊行年不明

肉筆画[編集]

作品名 技法 形状・員数 所有者 年代 落款・印章 備考
神功皇后と武内宿禰図 絹本着色 双幅 浮世絵太田記念美術館
鍾馗図 紙本墨画 1幅 大倉集古館 1830年(文政13年) 款記「政[3]庚寅 葛飾戴斗」/「昇山」方印[4]
柴刈農夫喫煙の図 絹本着色 1幅 たばこと塩の博物館 款記「葛飾戴斗」/「北斎」印
若菜摘む美人図 絹本着色 1幅 日本浮世絵博物館
若衆図 絹本着色 1幅 摘水軒記念文化振興財団
富士観覧図 紙本淡彩 1幅 キヨッソーネ東洋美術館
軍鶏図 1幅

脚注[編集]

  1. ^ 吉田暎二『浮世絵事典上』 画文堂 1971年
  2. ^ 『絵本通俗三国志』(全12巻、落合清彦校訂、第三文明社、1982-83年)
  3. ^ 実際は、「政」の異字体(上が「正」 下が「攵」)。
  4. ^ 『大倉集古館五百選』 財団法人 大倉文化財団、1997年、p.37。

参考文献[編集]

  • 桑原羊次郎 『浮世絵師人名辞書』 教文館、1923年、※国立国会図書館デジタルコレクションに本文あり。35コマ目。
  • 井上和雄編 『浮世絵師伝』 渡辺版画店、1931年、※国立国会図書館デジタルコレクションに本文あり。105コマ目。
  • 日本浮世絵協会編 『原色浮世絵大百科事典』(第2巻)、大修館書店、1982年
  • 岩崎均史 『風俗画と肉筆浮世絵』 たばこと塩の博物館、2007年
  • 『北斎一門肉筆画傑作選 北斎DNAのゆくえ』 板橋区立美術館、2008年、※110頁、121頁

関連項目[編集]