葛飾北雲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

葛飾 北雲(かつしか ほくうん、生没年不詳) とは、江戸時代浮世絵師

来歴[編集]

葛飾北斎及び春好斎北洲の門人。俗称は文五郎、葛飾の画姓を称し、東南西、戴賀と号す。名古屋に住み、大工を生業として性格は淡白、情に厚い人であったと伝わる。文化11年(1814年)刊行の『北斎漫画』の奥付に名古屋の校合門人として、牧墨僊とともに名を連ねている。作画期は文化から天保の頃にかけてで、狂歌摺物など版本の挿絵、肉筆美人画が数点と若干の役者絵が知られる。

作品[編集]

版本[編集]

  • 夕霧書替文章』五冊 読本 ※栗杖亭鬼卵作、文化13年(1816年)刊行
  • 『弥生佐久羅』六巻六冊 読本 ※一渓翁野人作、文政7年(1824年)刊行
  • 『復讐奇談 五人振袖』六巻一冊 読本 ※蜉蝣子作、文政8年(1825年)刊行
  • 『北雲漫画』一冊 ※絵手本、刊行年不詳

肉筆画[編集]

作品名 技法 形状・員数 所有者 年代 落款 備考
雨乞い小町図 絹本着色 1幅 東京国立博物館
妓楼花魁図 絹本着色 1幅 熊本県立美術館
桜花遊女道中図 絹本着色 1幅 ジョン・C・ウェーバー・コレクション 款記「北雲」/「載」「賀」白朱文連印[1]

脚注[編集]

  1. ^ MIHO MUSEUM編集・発行 『ニューヨーカーが魅せられた美の世界 ジョン・C・ウェーバー・ココレクション』 2015年9月15日、pp.204-205、ISBN 978-4-903642-20-8

参考文献[編集]

  • 日本浮世絵協会編 『原色浮世絵大百科事典』(第2巻) 大修館書店、1982年
  • 『北斎一門肉筆画傑作選 ―北斎DNAのゆくえ―』 板橋区立美術館、2008年 ※113頁、124頁