葛野壮一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

葛野 壮一郎(かどの そういちろう、1880年 - 1944年1月18日)は、関西を中心に多くの建築物の設計を手がけた建築家。建築にとどまらず、音楽、絵画などにも造詣が深く、また、女子教育にも熱心に関わるなど、多方面で活躍した。

経歴[編集]

大江ビルヂング
中央電気倶楽部
(先祖は、平安時代に遣唐大使を務めた藤原葛野麻呂
その後、神奈川県技師、大阪府技師を務める
  • 1919年(大正8年) 葛野建築事務所を開設する
  • 1944年(昭和19年) 逝去(享年65)

主な作品[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 日本建築協会80年史(日本建築協会編)
  • 関西の近代建築(石田潤一郎著)