葛城王 (敏達天皇の子)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

葛城王(かずらきのみこ、生没年不明)は、飛鳥時代皇族敏達天皇推古天皇の子。『古事記』に沼名倉太玉敷命(敏達)と豊御食御炊屋比売命(推古)の子として、同母の兄弟静貝王竹田王小治田王の次、宇毛理王小張王多米王桜井玄王の前に記される[1]。他の兄弟は『日本書紀』にも記載されているが、葛城王は『古事記』にしかない。

脚注[編集]

  1. ^ 『古事記』下つ巻、岩波文庫版207頁。

参考文献[編集]

  • 倉野憲司・校注『古事記』岩波書店(岩波文庫)、1963年。