菊池日出夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

菊池 日出夫(きくち ひでお、1949年9月30日 - )は、日本の絵本作家。代表作に『のらっこの本』シリーズ等がある[1]

経歴[編集]

長野県南佐久郡生まれ。東京デザインカレッジに入学するが、廃校となり、以後、独学で絵画を学ぶ。

著作[編集]

  • 『ヤマのうた』童心社、1994.4
  • 『いねかりやすみ』福音館書店、のらっこの絵本シリーズ3、1991.1
  • 『さんねんごい』福音館書店、のらっこの絵本シリーズ1、1991.1
  • 『はるまつり』福音館書店、のらっこの絵本シリーズ2、1991.1
  • 『ゆきがっせん』福音館書店、のらっこの絵本シリーズ4、1991.1
  • 『やまばと』童心社、1981.2
  • 『おどる牛』川重茂子 作 ; 菊池日出夫 絵、文研出版、1989.9
  • 『コイ・フナの絵本』高見澤今朝雄 編 ; きくちひでお 画、農山漁村文化協会、2010.6
  • 『こだぬきのおんがえし』長谷川摂子 文 ; 菊池日出夫 絵、岩波書店、2009.1
  • 『カキの絵本』まつむらひろゆき 編 ; きくちひでお 画、農山漁村文化協会、2001.3
  • 『ニワトリの絵本』やまがみよしひさ 編 ; きくちひでお 画、農山漁村文化協会、1999.4[2]

脚注[編集]

  1. ^ web版埼北よみうり2012.5.20閲覧
  2. ^ 国会図書館検索2012.5.20閲覧

参考文献[編集]