荒井千暁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

荒井 千暁(あらい ちあき、1955年 - )は、日本の産業医、評論家。

略歴[編集]

静岡県静岡市生まれ。新潟大学医学部卒。東京大学大学院医学系研究科修了。医学博士[1]東京大学医学部附属病院物療内科学教室、日清紡健康管理部長などを経て、日清紡ホールディングス統括産業医。 2008年日本能率協会経営研究所経営革新提言シニアアドバイザー。専門は労働衛生、産業医学、内科呼吸器病学[2]

著書[編集]

  • 『漂流する現代医療 現役医師がみた"医療不信"』同友館 1995
  • 『医者の責任患者の責任』集英社文庫 1997
  • 『モダン・アレルギー』集英社文庫 1999
  • 『こんな上司が部下を追いつめる 産業医のファイルから』文藝春秋 2006 のち文庫
  • 『勝手に絶望する若者たち』幻冬舎新書 2007
  • 『職場はなぜ壊れるのか 産業医が見た人間関係の病理』ちくま新書 2007
  • 『社員が"うつ"になったとき』日本放送出版協会 生活人新書 2008
  • 『その転職ちょっと待った!』アスキー新書 2008
  • 『人を育てる時代は終わったか 揺らぐ職場の人材育成』PHPエディターズ・グループ 2008
  • 『「こんな職場じゃやってけない!」と思ったら読む本 働きにくさを解決する方法』PHP研究所 2010

共編著[編集]

  • 『ハラスメント対策全書 職場における人権保障と活性化のために』中野麻美編著 金子雅臣共著 エイデル研究所 2010

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 医学博士の博士論文は確認できない
  2. ^ 荒井千暁 | 人名事典”. PHP研究所. 2017年12月26日閲覧。