草屯鎮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
南投県の旗 南投県 草屯鎮
別称: 草鞋
登瀛書院.JPG
地理
Nantou soutontin.svg
位置 北緯24°01'
東経120°41'
面積: 104.0327 km²
各種表記
繁体字: 草屯鎮
日本語読み: そうとん
漢語: Căo tún
通用: -
注音符号: ㄘㄠˇ ㄊㄨㄣˊ
片仮名転写: ツァオトゥン
台湾語: Chháu-tūn
客家語: Tshó-thùn
行政
国: 中華民国の旗 中華民国
行政区分:
上位行政区画: 南投県の旗 南投県
下位行政区画: 27里607鄰
草屯鎮長: 洪国浩
公式サイト: 草屯鎮公所
情報
総人口: 98,829 人(2016年1月)
世帯数: 32,802 戸(2016年1月)
郵便番号: 542
市外局番: 049
草屯鎮の木: -
草屯鎮の花: -
草屯鎮の鳥: -

草屯鎮(ツァオトゥン/そうとん-ちん)は台湾南投県

地理[編集]

歴史[編集]

草屯市は漢人が入植する以前、洪雅平埔族(Hoamya)、阿里坤支族(Arikun)、北投社(Tausabata)の活動領域であった。清代になり漢人がこの地に入植すると、洪、李、林、簡の4姓の人々が概溯渓谷を遡るように開発された。日本統治時期には草鞋区、新庄区、土城区がこの地に設けられた。旧名である草鞋 は草履生産が主要な産業であったことから命名されたものである。その後1938年に草屯街に昇格し、戦後に草屯鎮と改称され現在に至っている。

経済[編集]

行政区[編集]

中山里、玉峰里、明正里、炎峰里、和平里、敦和里、富寮里、中正里、新厝里、山脚里、碧洲里、碧峰里、御史里、復興里、中原里、茄荖里、北投里、石川里、南埔里、新庄里、新豊里、上林里、土城里、北勢里、平林里、坪頂里、双冬里

歴代鎮長[編集]

氏名 任期

教育[編集]

科技大学[編集]

高級中学[編集]

高級職校[編集]

国民中学[編集]

国民小学[編集]

交通[編集]

種別 路線名称 その他
高速道路 フォルモサ高速公路 草屯IC 南投IC 中興JCT
省道 台3線
省道 台3甲線
省道 台14線
省道 台63線 中投快速公路
省道 台63甲線 中投快速公路草屯支線

観光[編集]

関連項目[編集]