茨城県信用組合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
茨城県信用組合
The Ibaraki-ken Credit Cooperative
茨城県信用組合.jpg
茨城県信用組合本店
種類 信用協同組合
略称 けんしん
本店所在地 日本の旗 日本
310-8622
茨城県水戸市大町2丁目3番12号
設立 1950年11月25日
業種 金融業
法人番号 5050005000481 ウィキデータを編集
金融機関コード 2101
代表者 渡邉 武(理事長)
資本金 203億1,080万1,000円(出資金)
経常利益 8億6,123万円
純利益 6億710万6,000円
純資産 576億6,298万7,000円
総資産 1兆2,707億3,252万1,000円
従業員数 1,180名
支店舗数 85店舗(本支店)
決算期 3月31日
会計監査人 EY新日本有限責任監査法人
外部リンク 茨城県信用組合
特記事項:2019年3月31日現在
テンプレートを表示
茨城県信用組合のデータ
法人番号 5050005000481 ウィキデータを編集
貸出金残高 4,860億5,934万4,000円
預金残高 1兆1,755億2,164万1,000円
特記事項:
2019年3月31日現在
テンプレートを表示

茨城県信用組合(いばらきけんしんようくみあい、The Ibaraki-ken Credit Cooperative)は、茨城県水戸市に本店を置く信用組合である。略称はけんしん

沿革[編集]

  • 1950年昭和25年)11月25日 - 茨城県商工信用組合として設立
  • 1956年(昭和31年)6月 - 大津信用組合を合併
  • 1983年(昭和58年)9月 - 名称を茨城県信用組合に変更
  • 1990年平成2年)4月 - 大子信用組合を吸収合併
  • 1998年(平成10年) - 幡谷祐一理事長(当時)が全国信用協同組合連合会の会長に就任
  • 2004年(平成16年)
    • 事業所内保育園を開設
    • 1月13日 - 日立、勝田両信用組合と合併、合併後の名称を茨城県信用組合とする
    • 4月 - 女性のみで構成される店舗を新設
  • 2005年(平成17年) - 預金量1兆円を達成
  • 2006年(平成18年)1月4日 - 出産祝い金制度を新設
  • 2008年(平成20年) - 農林水産部を新設
  • 2010年(平成22年) - ICキャッシュカード取り扱い開始

理事長[編集]

2012年、25年ぶりにトップが交代し、副理事長を務めていた渡辺武が4代目の理事長に就任。それまで理事長を務めていた幡谷祐一は代表権のある会長職に就いた[1]

信組界のリーダー[編集]

近畿産業信用組合とともに、預金量1兆円を突破している日本最大規模の地域信用組合。会長は全国信用協同組合連合会の会長を務める。

出典[編集]

  1. ^ 茨城新聞2012年6月23日

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]