芳賀勝男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
芳賀 勝男
基本情報
本名 芳賀 勝男(はが かつお)
階級 バンタム級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1938-12-14) 1938年12月14日(78歳)[1]
出身地 宮城県仙台市[1]
スタイル サウスポー[1]
プロボクシング戦績
総試合数 32
勝ち 17
KO勝ち 4
敗け 12
引き分け 2
無効試合 1
テンプレートを表示

芳賀 勝男(はが かつお、1938年12月14日[1] - )は、日本の元プロボクサー宮城県仙台市出身[1]ローマオリンピック日本代表。第16・18代日本バンタム級王者。プロ現役時代は暁ジム所属。

経歴[編集]

仙台育英高校で野球部所属。ポジションは捕手。3年のときに主将を任されるも夏の甲子園県予選で敗退。その後ボクシング部の練習に参加しボクシングを始める。当時ボクシング部1年に後のたこ八郎がいた。

中央大学進学後、ローマオリンピックバンタム級に日本代表として出場。1回戦で後にWBA世界ジュニアライト級王者:小林弘に挑戦するカルロス・カネテに勝利するも、2回戦でプリモ・ザンパリーニに敗れる(ザンパリーニは銀メダル獲得)。

1961年4月28日、プロデビューを勝利。

1962年5月4日、後の世界フライ級王者:海老原博幸と対戦するが、判定負け。

1963年7月5日、永田耕造が持つ日本バンタム級王座に挑戦し、判定でプロ初タイトル獲得。

1964年3月19日、高見達也に敗れ王座初防衛失敗。

1964年7月10日、高見とのリマッチを制し王座返り咲き。

1964年11月12日、日大講堂にて山上哲也と初防衛戦を行うも無効試合。

1965年6月10日、山上に敗れ再び王座陥落。これを最後に引退。

獲得タイトル[編集]

  • 第16代日本バンタム級(防衛0度)
  • 第18代日本バンタム級(防衛1度)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e Katsuo Haga - Boxer”. 2014年2月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
永田耕造
第16代日本バンタム級王者

1963年7月5日 - 1964年3月19日

次王者
高見達也
前王者
高見達也
第18代日本バンタム級王者

1964年7月10日 - 1965年6月10日

次王者
山上哲也