芳一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
芳一
生誕 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1995年 - 1998年
ジャンル パロディ4コマ漫画
テンプレートを表示

芳一(よしかず)は日本の漫画家。主にテレビゲームを題材としたパロディ4コマ漫画などを手がけていた。

作家の変遷[編集]

1995年(平成7年)頃に双葉社から刊行された4コマまんが王国にてデビュー。1996年(平成8年)から、ゲームシステムと現実との相違・矛盾を突くシュールネタへと作風の方向性を転換し、短期間で大ブレイク。4コマまんが王国の新作家陣の一角として1997年(平成9年)まで大いに人気を博すことになる。

しかしこの作風は長く続かず、1998年(平成10年)以降はネタの質が低下。同年内には4コマまんが王国から姿を消すなど、漫画家としては短命に終わった側面もある。

作風[編集]

ゲームシステムと現実との相違・矛盾を突くシュールネタが最大の特徴で、ゲームのシナリオやキャラクターの性格といった他のゲームコミック漫画家がネタに採用しがちなネタは少ない。特にスーパーマリオ64マリオカート64といったゲーム機・ゲームシステムとして新機軸を多数備えていたNINTENDO64のゲームソフトを題材としたゲームコミックでは真価を発揮した。

関連項目[編集]