花柳貴彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

花柳 貴彦(はなやぎ たかひこ、1975年9月18日 - )は、花柳流に属する日本舞踊家である。本名、青山 貴彦(あおやま たかひこ)。俳優の青山良彦(花柳嶽)を父に持ち、二代目花柳壽楽は祖父にあたる。二代目壽楽の姉は花柳流の家元だった二代目花柳壽輔の妻であり、貴彦は二代目壽輔の大甥にあたる。

三代目壽輔から後継者として指名されたと主張しており、三代目壽輔没後にその後見人の五代目花柳芳次郎四代目花柳壽輔となって家元を継いだことをめぐり、四代壽輔側と対立している。

来歴[編集]

1975年、東京都に生まれる。祖父、壽楽の指導を受け5歳で初舞台を踏み、1991年、16歳の時に「花柳貴彦」の名前を許される[1]

1994年、早稲田大学理工学部入学したのを期に、一時日本舞踊の世界から離れる。その後、同大学大学院へ進学。大学院を卒業した2000年には清水建設へ入社し、2003年まで勤めた[2]。退職の理由については、その前年に、当時の花柳流宗家家元であった三代目壽輔から、家元承継を前提として日本舞踊の世界に戻るよう要請を受けたためと主張している[3]。舞踊界に戻った貴彦は2004年に明治座アカデミーの日本舞踊講師に就任、2005年には花柳流師範の資格を得る[4]

しかし三代目壽輔は後継者を公式に発表しないまま、 2007年5月23日に急逝する[3]。その葬儀、告別式の場で、三代目壽輔の後見人であり喪主を務めた五代目花柳芳次郎が、四代目壽輔の襲名と四世宗家家元への就任を自ら発表したことから、四代目壽輔側と対立。2008年3月21日に貴彦は稽古場の明け渡しを求め四代目壽輔側を提訴、同年4月17日には家元の地位が自らにあることを確認する訴訟を起こした[3]

2010年には自主公演『花柳貴彦の会』を初めて開催し、以後は定期的に公演を行っている。

一方、四代目壽輔は2013年7月、自らの孫(妹の孫)の六代目花柳芳次郎を後継者に指名し、2014年4月には貴彦を花柳流から除名する[5]。貴彦はこの除名処分の有効性をめぐって訴訟を起こした[6]。2016年5月、東京地方裁判所は、除名処分を取り消す判決を言い渡した[7]。判決の中で、除名処分は六代目芳次郎に家元の座を継がせるため貴彦を排除する意図を伺わせると判断された一方、弁護士の田村勇人はこの判決について、貴彦側に処分取り消しを通じ四代壽輔の不当性を認めさせる狙いがあったものの、その点について裁判所は判断しなかったと分析した[8][9]。その後、四代壽輔側は控訴したが、2016年12月に控訴は棄却された[10]。その後、四代壽輔側が更に最高裁に上告したが、2017年5月9日に最高裁は上告を退け、除名を無効とする判決が確定した[11]。ただし係争中の2016年6月に、四代目壽輔は六代目芳次郎に宗家家元の座を譲り、六代目芳次郎が五代目壽輔を、四代目壽輔は二代目花柳壽應を、それぞれ襲名している[12]

評価[編集]

宝塚歌劇団在籍時に四代目壽輔から指導を受けた真矢ミキは、貴彦に否定的な見解を示し、訴訟に依らず話し合うよう主張した[13]。これに対し、花柳流と深水流で日本舞踊を学んだ経歴を持つデヴィ・スカルノは四代目壽輔こそ横暴であると非難した[14]

朝日新聞の記者である米原範彦は、花柳流が貴彦の祖父の二代目壽楽を含めた実力者たちによって分裂すること無く存続してきたことを挙げ、訴訟に発展したことに否定的な見解を示している[3]

脚注[編集]

  1. ^ 日本舞踊家花柳貴彦さんインタビュー「花柳流のこれから」”. プルル. 株式会社ヒューレット (2016年4月6日). 2016年12月22日閲覧。
  2. ^ “花柳流“お家騒動”激化 新年総会で起きた「門前払い」事件”. 日刊ゲンダイ. (2014年1月30日). http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/147569/1 2014年7月19日閲覧。 
  3. ^ a b c d 米原範彦 (2008年4月23日). “舞踊の花柳流 ざらつく伝統の世界”. 朝日新聞. 2016年12月22日閲覧。
  4. ^ 花柳貴彦の経歴”. 花柳流に思いをこめて. 花柳貴彦. 2016年12月22日閲覧。
  5. ^ “日本舞踊の花柳流でお家騒動泥沼化? プリンスが家元から突然「除名」、訴訟騒ぎ”. J-castニュース. (2014年4月14日). http://www.j-cast.com/2014/04/14202127.html?p=all 2014年7月19日閲覧。 
  6. ^ 夕刊フジ (2014年7月19日). “芸能ニュース舞台裏 財産と血筋… 日本舞踊「花柳流」ドロドロの法廷闘争”. ZAKZAK. http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20140719/enn1407191526011-n1.htm 2014年7月19日閲覧。 
  7. ^ 河内厚郎 (2016年6月20日). “日本舞踊・花柳流のお家騒動 下 兵庫”. 河内厚郎の文化回廊. 2016年12月21日閲覧。
  8. ^ 花柳流お家騒動①判決分析” (2016年5月25日). 2016年12月21日閲覧。
  9. ^ 花柳流お家騒動②(実質敗訴?)今後の貴彦氏と寛氏の戦い方” (2016年6月1日). 2016年12月21日閲覧。
  10. ^ “花柳流除名訴訟 2審も無効認める”. 毎日新聞. (2016年12月17日). http://mainichi.jp/articles/20161217/k00/00m/040/123000c 2016年12月21日閲覧。 
  11. ^ “「除名は無効」判決が確定 日舞「花柳流」の家元騒動”. 朝日新聞. (2017年5月11日). http://www.asahi.com/articles/ASK5B516SK5BUTIL01N.html 2017年5月18日閲覧。 
  12. ^ 五世宗家家元 花柳壽輔 二代目花柳壽應 襲名披露の御報告, , 花柳流公式ホームページ (花柳流), http://www.hanayagiryu.com/shumei 2016年12月22日閲覧。 
  13. ^ “真矢ミキ“お家騒動”花柳貴彦氏の言動に「違和感を覚える」”. スポニチアネックス (スポーツニッポン). (2016年5月26日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/05/26/kiji/K20160526012660650.html 2016年12月22日閲覧。 
  14. ^ デヴィ・スカルノ (2016年5月27日). “傲慢・横暴な 花柳寛氏 「花柳王国」 乗っ取り断行か!”. デヴィ夫人オフィシャルブログ. 2016年12月22日閲覧。

外部リンク[編集]