芥川耿子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

芥川 耿子(あくたがわ てるこ、1945年3月 - )は、日本エッセイスト児童文学者詩人

来歴[編集]

芥川比呂志瑠璃子夫妻の三女として神奈川県藤沢市鵠沼に生まれ、祖父・芥川龍之介の未亡人である祖母・に寵愛を受けて育つ。4歳で東京都目黒区に転居する。小学校時代、肺門リンパ腺炎で1年間休学する。当時は病弱でいじめを受ける。1958年女子美術大学附属中学校に入学。女子美術大学附属高等学校を経て女子美術大学造形科を卒業する。23歳でデザイナー本村弘と結婚、のち一男一女を儲ける。

子育ての傍ら、詩や童話や随筆を発表する。さらに、ワイドショーの司会者や美術番組の聞き手、CMソングの作詞者、CFモデルを務めるなど、テレビの世界でも活躍する。エイボン女性文化センター顧問委員。

著書[編集]

  • 『詩集 やっかいな駝鳥』
  • 絵本『おむれつどろぼう』(絵・つぼのひでお、講談社 1982年)
  • エッセイ集『気むずかしやのハムレット─素顔の父芥川比呂志』(主婦と生活社 1989年)
  • エッセイ集『女たちの時間─芥川家四代の女性たち』(廣済堂出版 1992年)
  • 芥川瑠璃子共編 『百年の薔薇 芥川の家の中で』(春陽堂書店 2014年)、母の遺著を編んだ 

参考文献[編集]

  • 『気むずかしやのハムレット─素顔の父芥川比呂志』