芥屋の大門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
芥屋の大門

芥屋の大門(けやのおおと)とは、福岡県糸島市志摩芥屋の海岸にある海食洞である。1966年(昭和41年)に国の天然記念物に指定された。「芥屋大門」と表記されることもある。

概要[編集]

糸島半島の北西部に位置し、玄界灘に面しており、日本最大の玄武岩洞で高さ64m、奥行90m、間口10mの洞窟である。玄武洞七つ釜とともに日本三大玄武洞と称される。一帯は六角形や八角形の玄武岩柱状節理が発達している[1]

陸上からのアクセスが整備されていないため、洞窟観覧用の遊覧船は芥屋漁港から毎年3月から12月の間に運航されている[2]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 芥屋の大門(国指定天然記念物)、糸島市観光協会公式ホームページ。
  2. ^ 選ばれる理由、芥屋の大門遊覧船。

外部リンク[編集]

座標: 北緯33度35分47.5秒 東経130度06分28.0秒 / 北緯33.596528度 東経130.107778度 / 33.596528; 130.107778