芋棒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

芋棒いもぼう)とは、京料理のひとつ。京都伝統料理。「えびいもと棒だらの炊いたん」とも言う。

概要[編集]

京都の伝統野菜である海老芋と、北海道産の棒鱈を一緒に炊き上げてつくる郷土料理である[1]。海老芋は里芋の一種で、江戸時代中期に九州で作られていた唐芋(とうのいも)を京都に持ち込んだのが始まり。上等品のため、倹約を旨とする商家などでは正月など特別な機会のみに使った。また、棒鱈は真鱈を干したもので、宮中への献上品であった。芋棒は旬の食材を組み合わせ、双方の良いところを引き立たせ合う「であいもん」の代表的な料理である[1]

作り方[編集]

ぶつ切りにした棒ダラをだし汁、もしくは米のとぎ汁で柔らかく戻し、食べやすい大きさにカットした海老芋を一緒に入れて煮込む[1]。海老芋が柔らかくなったら、具材を取り出し、煮汁をさらに煮詰めて海老芋と棒ダラにかける[1]。最後に、香りづけとして千切りにした柚子を散らして食べる[1]

脚注[編集]