自然銀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
自然銀
自然銀
Native silver on calcite from Kongsberg, Norway. Photograph taken at the Natural History Museum, London.
分類 元素鉱物
化学式 Ag
結晶系 等軸晶系
へき開 なし
モース硬度 2.5 - 3
光沢 金属光沢
銀白色
条痕 銀白色
比重 10.5
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

自然銀(しぜんぎん、native silver、silver[1])は鉱物元素鉱物)の一種。化学組成は Ag だが[2]自然金(Au)と固溶体を形成する。結晶系等軸晶系自然金グループに属する。

輝銀鉱などの硫化鉱物酸化により生成し、銀鉱脈の比較的地表部分に多く産出する。

鉱石鉱物として、ひげ状、樹枝状などの形態で産出する。表面は空気に触れると黒く変化する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 文部省編 『学術用語集 地学編』 日本学術振興会1984年ISBN 4-8181-8401-2
  2. ^ ラテン語のargentumから来ている。argentumはサンスクリット語で「白」と「輝く」を意味する言葉に由来する(ロナルド・ルイス・ボネウィッツ著、青木正博訳『ROCK and GEM 岩石と宝石の大図鑑』誠文堂新光社 2007年 118ページ)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]