臍帯動脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

臍帯動脈(さいたいどうみゃく)は、単に臍動脈ともいい、胎児期において、胎児から胎盤血液を送る動脈

胎児の左右の内腸骨動脈から1本ずつ出て、を通って胎盤に向かう。臍帯内では臍帯静脈とらせんを描くように絡み合っている。名前は動脈であるが、中を流れる血液は酸素分圧が低く老廃物を多く含む静脈血(通常の体静脈内を流れる血液)である。

関連項目[編集]