脱原発社会をめざす文学者の会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

脱原発社会をめざす文学者の会(だつげんぱつしゃかいをめざすぶんがくしゃのかい)は、日本反核団体任意団体)。略称:脱原発文学者の会

当初は脱原発文学者の会と称していたが、その後改称した。発足時の一部報道では、脱原発社会をめざし、3・11後の日本を考える文学者の会が正式名称とされた。

歴史[編集]

2012年10月に発足。

2011年3月11日に発生した福島第一原子力発電所事故を教訓に、脱原発社会の実現を目指すため、加賀乙彦ら5人の文学者による呼び掛けで立ち上げられた。後に加賀が会長となる。

2012年10月9日、アルカディア市ヶ谷にて第1回会合を開催。原子力資料情報室共同代表の西尾漠が出席した。

2013年11月15日〜16日 第一回福島視察 南相馬、浪江、飯舘。以後原則年一回の定点観測を続ける。

2021年2月28日、福島第一原発事故10周年を控え、ホームページ[https://dgp-bungaku.main.jp/ 脱文学社会をめざす文学者の会]を開設

2021年3月11日 「脱原発社会をめざす文学者の会文学大賞」を創設。第一回受賞作品として、フィクション3作品、ノンフィクション3作品を発表。

メンバー[編集]

世話人[編集]

発足時のメンバー、記載は五十音順。

このうち、加賀乙彦、川村湊、佐藤洋二郎、宮内勝典、森詠の5人が呼び掛け人。

会のメンバー[編集]

世話人以外のメンバー、記載は五十音順。

賛同者[編集]

発足の際、呼び掛け人以外に約15人が賛同しているとの報道で、名前が挙がった人物、記載は五十音順。

出典[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]