肘筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
肘筋
Gray1232.png
Back of right upper extremity.
(図中のAnconeus)
Musculusanconeus2.png
Posterior surface of the forearm. Superficial muscles.
ラテン語 Musculus anconeus
英語 Anconeus muscle
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
上腕骨外側上顆後面上方
尺骨後面(肘頭後面)と後縁の上方1/4
橈骨神経(C7、C8、T1)
作用 上腕三頭筋との協調による前腕の伸展、回内・回外時の肘の安定化、伸展時の関節包の衝突回避
テンプレートを表示
骨格筋 > 体肢筋 > 上肢の筋 > 上腕筋群 > 伸筋群 > 肘筋

肘筋(ちゅうきん)は人間の上肢の筋肉。上腕骨の外側上顆後面上方から起こり、尺骨後面に停止する。支配神経は腕神経叢の後神経束の枝である橈骨神経である。作用としては肘関節の伸展を行う。伸展時には上腕三頭筋と共に協調して働く。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]