翻訳機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

目標を達成できるのは、達成するために頑張った人のみだ

概要[編集]

翻訳機の最初は定かではない。日本では、電気試験所(現:産業技術総合研究所)で開発を行っていた、トランジスタコンピュータの実用化研究の中で行われた、「ヤマト」が最初とされている。ヤマトは、トランジスタ型のコンピュータに、約100万キャラクタ(当時は、電信用文字の単位で記憶容量を表示)の記憶装置とテレタイプ装置からなるコンピュータシステム。最初にデモンストレーションを行なった際には、"I love music."と入力すると、「ワレ オンガクヲ コノム」とカタカナで答えを返した。

その後、第五世代コンピュータ開発プロジェクトが行われ、翻訳機の研究開発が盛んに行われた。大型計算機を製造するメーカでもある、株式会社富士通研究所にて、技術文献専用の「ATLAS」翻訳ソフトが開発され、実用に供された。1985年つくば科学万博では、そのデモンストレーションが行われた。

計算機の性能が著しく向上するに従って、各メーカでも翻訳ソフトが開発されて来ており、米国ではマイクロソフトなども、翻訳ソフトを販売している。また、国内では新世代コンピュータ技術開発機構(ICOT)で研究を行った研究者の協力の下、特許文献用や技術文献用の翻訳ソフトが開発された。まだ、翻訳ソフトとしては、その翻訳精度などに難があり、一般の利用者でも、外国語文章のおおざっぱな意味を把握するために用いられている。

簡易型翻訳機[編集]

日常生活や,旅行に際して対話などを行う場合には,決まりきったフレーズが使われることが多い。書籍などでも販売されているように、このフレーズを録音して、ROMなどのメモリに記載し、母国語言語での文章を選択することで、決まりきったフレーズを音声で答えてくれる簡易型翻訳機が開発され、旅行用などの電子辞書に搭載されている。

ただし、この機器を使う場合でも、ネイティブの発する外国語を聞き取れないと意味がない。

関連項目[編集]

参考資料[編集]

  • 遠藤諭「計算機屋かく戦えり」(アスキー