羌カイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「羌瘣」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

羌 瘣(きょう かい、生没年不詳)は、中国戦国時代の武将。秦王(後の始皇帝)に仕えた。

経歴[編集]

紀元前229年(始皇18年)、王翦楊端和と共に、を攻めた[1]

紀元前228年(始皇19年)、王翦と共に趙の幽繆王を東陽で捕らえ、趙を滅ぼした[2]。さらに、兵を率いてを攻めんと、中山に駐屯した。

脚注[編集]

関連事項[編集]

史料[編集]

登場作品[編集]