缶文雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

缶 文雄(ほとぎ ふみお、1941年9月5日 - 2021年7月30日)は、日本実業家芦森工業代表取締役社長や、パルテム技術協会会長日本監査役協会顧問などを務めた。

人物・経歴[編集]

名古屋工業大学繊維工学科卒業後[1]、1967年名古屋工業大学大学院修了、東洋紡績入社[2]。1994年東洋紡績物流管理部長。1997年東洋紡績取締役。2002年東洋紡績常務取締役。2004年東洋紡績専務取締役[3]。2005年から東洋紡績常勤監査役を務め[1]日本監査役協会顧問にも就任した[4]。2009年から芦森工業代表取締役社長として、不祥事からの再建を進めた[5][1]。2010年パルテム技術協会会長[6]。2011年日本消防ホース工業会設立時理事[7]。2014年芦森工業相談役[8]

2021年7月30日、病気のため死去[9]。79歳没。

脚注[編集]

先代:
側島克信
芦森工業社長
2009年 - 2014年
次代:
瀬野三郎