繁沢元貞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
繁沢元貞
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 文禄4年(1595年
死没 寛永4年7月8日1627年8月18日
改名 繁沢元貞→朝倉元貞→繁沢元貞
別名 忠三郎(通称)、監物
主君 毛利秀就
長州藩
氏族 繁沢氏朝倉氏繁沢氏
父母 父:毛利元氏
養父:朝倉元息
兄弟 毛利元景繁沢元貞繁沢就真
女(三浦元忠正室)
まつ(繁沢就充室)

繁沢 元貞(はんざわ もとさだ)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将毛利氏の家臣。父は吉川元春の次男・繁沢元氏

生涯[編集]

文禄4年(1595年)、吉川元春の次男である繁沢元氏の次男として生まれる。元和7年(1621年)、毛利秀就より、監物の官途名を与えられた。

朝倉元息(兵庫)が後継ぎのいないまま死去したため、家臣・上田秋宣の願い出によって元貞は朝倉氏を相続した。しかし、事情により元貞は浪人となったため、朝倉氏は断絶となった。その後、歳の離れた兄・元景によって証人として江戸へ遣わされ、数年間を江戸で過ごした。また、500石の知行とを与えられ、寛永4年(1627年)、33歳で死去。益田就宣の弟・就充が後を継いだ。

参考文献[編集]