緋縅力弥 (初代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

緋縅 力弥(ひおどし りきや、緋縅力彌、明和9年(1772年) - 文政13年2月22日1830年3月16日))は、江戸時代大関安芸国山県郡川戸(現・広島県北広島町)出身。本名、森脇 勝五郎

幕内生活21年という驚異的な持久力。上位陣にはあまり通じなかったが、下位には取りこぼしも少なく、運良く1場所だけ大関に昇進した。引退後は「赤翁」と称し、養子であった錦幸太郎改め、2代目緋縅力弥(緋縅力弥)の活躍を楽しみとした。

関連項目[編集]