綿抜邦彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

綿抜 邦彦(綿秡 邦彦、わたぬき くにひこ、1931年昭和6年)? - 2018年平成30年)1月25日[1])は、昭和から平成時代の地球化学者分析化学者。温泉の分析化学的研究で知られる。

経歴・人物[編集]

東京大学理学部南研究室助手、同大教養学部化学教室助手、同助教授を経て、1990年(平成2年)同教授となる[1][2]。東京大学退官後の1993年(平成5年)より立正大学経済学部教授、のち名誉教授となった[2][3]

日本地球化学会日本温泉科学会日本分析化学会などの学会に所属し、日本温泉科学会では1998年(平成10年)から翌年に掛けて会長を務めた[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 高野穆一郎 『綿抜邦彦先生のご逝去を悼む』 地球化学 Vol.52 No.2 p.v-vi (2018)
  2. ^ a b KAKEN — 研究者をさがす 線秡 邦彦 (70012333)、2019年3月26日閲覧。
  3. ^ 事業-NPO法人 健康と温泉フォーラム、2019年3月26日閲覧。