経国美談

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

経国美談(けいこくびだん)は、矢野龍渓政治小説。2冊からなり前編は1883年明治16年)3月刊、後編は1884年(明治17年)2月刊。

古代ギリシャの歴史に取材し、ペロビダスエパミノンダスの2人を主人公にテーベ勃興の一部始終を描写する。前編はテーベの士たちが国に民政を回復するまでを描き、後編はスパルタの侵略を退けてテーベがギリシャの盟主となる過程を描く。翻訳と創作の中間的な作品で、雅俗折衷体の文体による。本の「凡例」には参照したギリシャ史の書名を挙げ、史実に価値を置く姿勢を表明しているが、登場人物に「智」「仁」「勇」の観念を当てるなど、読本(具体的には曲亭馬琴『南総里見八犬伝』)の系譜にも連なっている。講談や演劇にもされ、広く流布した。

作者自身が属する立憲改進党の理想も盛り込まれている。

粉本[編集]

矢野があげている粉本は以下の八冊。

関連項目[編集]