細井九皋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

細井 九皋(ほそい きゅうこう、正徳元年(1711年) – 天明2年 5月6日1782年6月16日))は、江戸時代中期の日本の書家篆刻家である。

は知文、を天錫、は九皋の他に籀斎・沢雉道人がある。通称文三郎。江戸の人。

略伝[編集]

細井広沢の子。書家を生業とし、広沢の名声を継承した。著書に『墨道私言』がある。また篆刻も巧みで、何震に師法したとされる。明の卑俗な装飾趣味に陥った印風を嫌った。印譜に広沢と共に作成した『奇勝堂印譜』がある。墓所は東京都世田谷区等々力の致航山感応院満願寺にある。

佐久間東川とは親交があり、書の上での先輩として感化を与えたと考えられる[1]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 三村竹清『近世能書傳』二見書房、1930年、P.311。

関連項目[編集]