納谷学+新

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
納谷学から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

納谷学+新(なやまなぶ+あらた)は、日本建築家1993年に兄弟共同で建築設計事務所「納谷建築設計事務所」を設立。現在までに住宅や集合住宅作品を約70軒つくりあげている。

人物[編集]

納谷学(1961年- ) 秋田県生まれ。1985年芝浦工業大学卒業後、黒川雅之建築設計事務所、野沢正光建築工房を経て、事務所を共同設立。

納谷新(1966年- ) 秋田県生まれ。1991年芝浦工業大学卒業後、山本理顕設計工場を経て、納谷建築設計事務所。

概要[編集]

現在、昭和女子大学東海大学非常勤講師を務める。住宅の新築・改築が主だが、商業施設、店舗や集合住宅も手がける。その他東京デザイナーズウィークなどのアートイベントにも参画。 さらに大規模な住宅改修を多くてがける。

代表作に、多摩川の2世帯住宅, センター北の住宅, 恵比寿の住宅, 門前仲町の住宅, 津田山の住宅「teshihouse」, 能代の住宅, 玉川台2丁目プロジェクト C棟, 蒲田の集合住宅, 南加瀬の住宅, 403号室, 宝珍楼, MARVELLET, 新井の集合住宅, 三軒茶屋の住宅,ROOFTOP BATHROOM, 経堂の住宅, など。

関連項目[編集]

Design Channel

参考文献 [編集]

  • 日経アーキテクチュア2009年12月14日号住宅特集「改修の奥義」