約束の葡萄畑 あるワイン醸造家の物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
約束の葡萄畑 あるワイン醸造家の物語
監督 ニキ・カーロ
脚本 ニキ・カーロ
ジョーン・シェッケル
原作 エリザベス・ノックス
製作 ローリー・パーカー
ニキ・カーロ
ロビン・レイン
ルディ・ボーケン
パスカル・ユデレウィッツ
製作総指揮 チカ・ベナダヴァ
ジェレミー・バーデク
稲葉正治
ナディア・カムリッチ
ジーン・フランソワ・クレイン
エイドリアン・ポリトウスキー
音楽 アントニオ・ピント
撮影 ドゥニ・ルノワール
編集 デヴィッド・コウルソン
配給 日本の旗 東北新社
公開 ニュージーランドの旗 2009年11月12日
日本の旗 2010年10月23日
上映時間 120分
製作国  ニュージーランド
フランスの旗 フランス
言語 英語
テンプレートを表示

約束の葡萄畑 あるワイン醸造家の物語』(: A Heavenly Vintage, : The Vintner's Luck)は、2009年の映画。

概要[編集]

フランスニュージーランドの合作で作られた。ワイン醸造家のワイン造りをテーマに扱った歴史ファンタジー映画である。なお、舞台はフランスのブルゴーニュで、主演のジェレミー・レニエはベルギー出身のフランス語圏での出演がメインだが、同作品は英語で製作されており、レニエは初めての英語主演作品となる[1]。ワイン醸造家とワイン造りを中心にたフランス革命前夜の19世紀(映画舞台の設定は1808年から始まる[2])を取り扱った映画である。原作はニュージーランドのエリザベス・ノックス(en:Elizabeth Knox)、監督はニュージーランドのニキ・カーロ。日本での配給は2010年に東北新社が行った。

プロット[編集]

ワイン醸造家として、生きていたソブランは、畑を持ち「誰も味わった事がない」自らのワインを作る事を夢見ていた。天使ザスのお告げを受けて、育たないとされてきた尾根にブドウの木を植えたソブランは、努力・汗・土・情熱をかけて不可能と言われた尾根でのブドウ栽培を成し遂げ、ワイン造りに成功する。試飲に成功しチャンスを手にしたソブランだったが、有頂天の最中、天使に「それは違う」と否定の言葉を告げられる。ブドウの木は病気にかかり、全てを失ったソブランは、ワイン造りについて自問する事になる[3][4]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

  • フィロキセラ - ブドウ樹の葉や根にコブを生成してブドウ樹の生育を阻害し、やがて枯死に至らせる昆虫。作品の舞台たる19世紀フランスに流行した。

外部リンク[編集]