精神 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
精神
監督 想田和弘
製作 想田和弘
撮影 想田和弘
編集 想田和弘
配給 アステア
公開 大韓民国の旗 2008年10月3日
台湾の旗 2008年11月3日
アラブ首長国連邦の旗 2008年12月15日
ドイツの旗 2009年2月6日
アメリカ合衆国の旗 2009年2月22日
香港の旗 2009年3月27日
日本の旗 2009年6月13日
上映時間 135分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示
映画館シアター・イメージフォーラムの前で『精神』の上映時間待ちをする人々(2009年6月13日撮影)

精神』(せいしん)は、日本ドキュメンタリー映画。映画監督の想田和弘による、2007年度作品『選挙』に続く観察映画第2弾。第13回釜山国際映画祭の最優秀ドキュメンタリー賞(PIFF Mecenat Award)を受賞。また、第5回ドバイ国際映画祭でも、最優秀ドキュメンタリー賞を受賞した。更に、マイアミ国際映画祭で審査員特別賞、香港国際映画祭で優秀ドキュメンタリー賞、ニヨン国際ドキュメンタリー映画祭で宗教を超えた審査員賞を受賞。2009年6月、アステア配給で日本全国順次劇場公開。

関連書籍として、監督の想田和弘による初の著書『精神病とモザイク タブーの世界にカメラを向ける』(中央法規出版)を刊行(2009年6月)。

概要[編集]

世界保健機関 (WHO)によると、世界で1億5400万人が鬱病に、2500万人が統合失調症に苦しんでいる。また、毎年80万人以上が自ら命を絶っている。

『精神』は外来の精神科クリニック「こらーる岡山」を舞台に、心の病を患う当事者、医者、スタッフ、作業所、ホームヘルパー、ボランティアなどが複雑に織りなす世界を観察したドキュメンタリー。 日本社会がタブーとして来た題材を敢えて正面から見つめ、当事者たちの日常生活、思想、不安、悩み、苦しみや喜びに肉薄する。

スタッフ[編集]

受賞[編集]

関連書籍[編集]

上映された映画祭[編集]

2008年[編集]

2009年[編集]

など

外部リンク[編集]