粟田人成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

粟田 人成(あわた の ひとなり、生没年不詳)は、奈良時代貴族官位従五位下中務少輔

経歴[編集]

天平勝宝6年(754年従五位下叙爵し、少納言に任ぜられる。天平宝字5年(761年)従五位上・仁部大輔に叙任され、翌天平宝字7年(763年)には右中弁に任官するなど、藤原仲麻呂政権で要職を務めた。しかし、天平宝字8年(764年)の藤原仲麻呂の乱連座して位階を剥奪される。

光仁朝の宝亀2年(771年)従五位下に復され、越後守に任ぜられる。宝亀7年(776年)には右少弁次いで中務少輔と再び京官を務めている。

官歴[編集]

続日本紀』による。

参考文献[編集]