篠田鉱造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

篠田 鉱造(しのだ こうぞう、1871年12月6日 - 1965年3月18日)は、日本新聞記者実話蒐集作家明治文化研究家

経歴・人物[編集]

東京・赤坂出身。明治28年(1895)、報知新聞社に入社。 明治35年(1902)報知新聞に聞き書きコラムを連載。内容は、幕末、明治前半のことを知る人々から聴取した実話。 同連載を『幕末百話』として一冊の書物にまとめたのを皮切りに、聞き書き百話シリーズを出版。 江戸、東京に住んだ土地の古老や各業界の人々などから直接話を聞き、忠実に書き残す実話蒐集スタイルが、後世に貴重な資料を残す結果となった。市井の庶民生活の細部、維新後の武士の動向、出来事、食べ物、料理屋、芸能、花柳界、各種職業人、町の変遷等を、当時の人の語り口で綴っている。 俳人としての号は胡蝶。

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 幕末百話 篠田 鉱造/著 岩波書店 1996.4 ISBN 4-00-334691-2
  2. ^ 明治百話 篠田 鉱造/著 角川学芸出版 2010.3 ISBN 978-4-04-622093-6
  3. ^ 幕末明治女百話 篠田 鉱造/著 岩波書店 1996年 ISBN 4003346947
  4. ^ 銀座百話 篠田 鉱造/著 河出書房新社 2016年 ISBN 978-4-309-22655-2