第5工兵連隊 (フランス軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第5工兵連隊
創設 1889年 8月21日
廃止 2010年 6月10日
所属政体 フランスの旗 フランス
所属組織 フランス陸軍
部隊編制単位 連隊
兵科 工兵
兵種/任務/特性 鉄道道路建設工兵
所在地 イヴリーヌ県
ヴェルサイユ
標語 Partout, toujours, réaliser
(至る所で、常に、目標を達する)
上級単位 工兵旅団
主な戦歴 第一次世界大戦
第二次世界大戦
テンプレートを表示

第5工兵連隊(だいごこうへいれんたい、5e régiment du génie:5e RG)は、イヴリーヌ県ヴェルサイユに駐屯する、工兵旅団隷下のフランス陸軍工兵連隊である。2010年に解隊された。

兵種は工兵、伝統的区分も工兵である。

フランス陸軍唯一の鉄道工兵部隊である。

沿革[編集]

  • 1889年:第5工兵連隊(鉄道工兵)が編成される。
  • 1999年:独立工兵旅団隷下となる。

最新の部隊編成[編集]

  • 連隊本部
  • 本部管理中隊
  • 管理支援中隊
  • 第1工兵中隊 - (保線
  • 第2工兵中隊 - (作業、ムーメロン駐屯地)
  • 第3工兵中隊 - (作業、カンジュール駐屯地)
  • 第5工兵中隊 - (保線重器材)
  • 第6工兵中隊 - (予備訓練、プロッテ駐屯地)

定員[編集]

連隊の任務[編集]

連隊は、重資器材を用いて、鉄道建設・修理・運転及びその破壊、並びに自動車道路整備を行い円滑な交通路を提供することにある。

主要装備[編集]

関連項目[編集]