第4外人連隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
第4外人連隊
Insigne régimentaire du 4e régiment étranger (1937).jpg
第4外人連隊章
創設 1920年 11月15日
廃止 1964年
再編成 1976年
所属政体 フランスの旗 フランス
所属組織 フランス陸軍
部隊編制単位 連隊
兵科 外人部隊
兵種/任務/特性 教育隊
人員 約590名
所在地 オード県
カステルノダリ
上級単位 外人部隊総司令部
主な戦歴 第二次世界大戦
第一次インドシナ戦争
アルジェリア戦争
テンプレートを表示

第4外人連隊(だいよんがいじんれんたい、4e régiment étranger:4e RE)は、オード県カステルノダリに駐屯する、外人部隊総司令部隷下のフランス陸軍管理連隊である。

兵種は各種、伝統的区分は外人部隊である。

任務[編集]

外人部隊における新兵訓練、下士官訓練を担当する[1]

沿革[編集]

部隊編成[編集]

  • 連隊本部
  • 第1新兵教育中隊
  • 第2新兵教育中隊
  • 第3新兵教育中隊
  • 第4下士官教育中隊
    • 伍長訓練課程A、B、C小隊、軍曹訓練課程A、B小隊、軍曹歩兵戦闘課程(CT1 00) 
  • 第5専門技能教育中隊
    • 通信無線電信課程、医療衛生課程、車両整備課程、調理師課程、文書課程、自動車教習課程(普通、大型、大型牽引、バス)、その他(体育課程、倉庫管理課程、武器管理課程等)  
  • 業務中隊

定員[編集]

  • 連隊の人員構成は、約590名の教官助教(多くは臨時勤務による原隊からの派遣)、約390名程度の訓練兵、約330名程度の志願者からなる。

主要装備[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『ヴィジュアル版 世界の特殊部隊―戦術・歴史・戦略・武器』 マイク・ライアン、アレグザンダー・スティルウェル、クリス・マン、原書房、2004年2月1日発売、ISBN 9784562037278、p84

関連項目[編集]