第1軍 (ドイツ軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第1軍 (ドイツ軍)は(Deutsche 1. Armee第一次世界大戦第二次世界大戦時のドイツ軍の部隊である。

第一次世界大戦[編集]

第1軍
創設 1914年
廃止 1918年
所属政体 ドイツの旗 ドイツ帝国
所属組織 ドイツ帝国
部隊編制単位
担当地域 西部戦線
主な戦歴 西部戦線
テンプレートを表示

第一次世界大戦中、第1軍は西部戦線で戦い、1914年8月のシュリーフェン・プランに基づく、フランスベルギーへの攻勢に参加した。アレクサンダー・フォン・クルック将軍に率いられた第1軍の任務は戦争を早期に終了させるため、フランスを南東から回り込んでパリを攻撃、包囲することであり、ドイツ軍戦線の最北端を担当していた。

第1軍は戦線1マイル当り、約18,000名(1mあたり10名)の戦力があり、大きな打撃力を所持していた。そのため、8月20日にはブリュッセルの占領に成功、フランス軍の撃破に成功したが、9月初旬、イギリス軍・フランス軍の反撃によりマルヌ会戦が始まると、パリ手前13マイルの地点で攻撃を止められた。司令官クルックは1915年3月、足に重傷を負い交代した。

司令官[編集]

着任 離任 階級(当時) 氏名
1914年 1915年 大将 アレクサンダー・フォン・クルック
1915年 1916年 大将 マックス・フォン・ファベック
1916年 1918年 大将 フリッツ・フォン・ベロウ

第二次世界大戦[編集]

第1軍
創設 1939年8月26日
廃止 1945年5月9日
所属政体 ナチス・ドイツの旗 ドイツ国
所属組織 ドイツ国防軍陸軍
部隊編制単位
担当地域 西部戦線
主な戦歴 西部戦線
テンプレートを表示

1936年8月26日、第1軍はエルヴィン・フォン・ヴィッツレーベン大将の元、設立され、マジノ線沿いにドイツ国境の防衛を担当した。その後、フランス侵攻に参加、1944年中頃までは大西洋沿岸に駐屯、連合軍の上陸作戦に備えていた。

1944年6月時には、G軍集団隷下でビスケー湾岸にあった。連合軍によるノルマンディー上陸作戦が発動されると、第1軍は1944年8月、西部戦線のドイツ軍の全面的な退却後にロレーヌで再編成を行った。ドイツ軍最前線での戦いの間、ヴォージュ山脈北部でアメリカ第7軍を防御しつつも、モーゼル川を横断してメスを占領しようとするアメリカ第3軍に対しても防衛戦を同時に行った。しかし、11月、両戦線において敗退、第1軍はドイツ国境へ撤退し、ザール地方の防衛を担当した。

ドイツ軍がアルデンヌにおいて攻勢を仕掛けた時、アメリカ第3軍がバストーニュ救援のために北進している間、第1軍はノルトヴィント作戦を行い、1945年1月1日、アメリカ第7軍を攻撃、戦線を押し広げ、アメリカ軍を一部撤退させた。しかし1月後半、北風作戦は失敗に終わり、連合軍がドイツ防衛線を突破、第1軍はジークフリート線まで押し戻され、ライン川東岸へ撤退した。

その後、第1軍はドナウ川アルプス山脈方面へ撤退、1945年5月6日に降伏した。

司令官[編集]

着任 離任 階級(当時) 氏名
1939年8月26日 1940年10月23日 歩兵大将 エルヴィン・フォン・ヴィッツレーベン
1940年10月24日 1944年5月2日 歩兵大将 ヨハネス・ブラスコヴィッツ
1944年5月3日 1944年6月3日 装甲兵大将 ヨアヒム・レメルセン
(Joachim Lemelsen)
1944年6月4日 1944年9月5日 歩兵大将 クルト・フォン・デア・シュヴァルリー
(Kurt von der Chevallerie)
1944年9月6日 1944年11月29日 装甲兵大将 オットー・フォン・クノーベルスドルフ
(Otto von Knobelsdorff)
1944年11月30日 1945年2月27日 歩兵大将 ハンス・フォン・オープストフェルダー
1945年2月28日 1945年5月4日 歩兵大将 ヘルマン・フェルチュ
(Hermann Förtsch )

文献[編集]

  • Barbara Tuchman The Guns of August Ballantine Books- New York 1962 ISBN 0-345-38623-X
  • 山崎雅弘『ドイツ軍名将列伝鉄十字の将官300人の肖像』(学研M文庫、2009年) ISBN 4-05-901235-1