第二宇高丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

第二宇高丸(だいにうこうまる)は、鉄道省(後の日本国有鉄道宇高航路に在籍した自航式の貨車航送船。同型船に第一宇高丸がある。

概略[編集]

大阪鉄工所で製造され、1934年(昭和9年)7月6日就航。ワム型15t積貨車で10両を搭載可能である。同型船の第一宇高丸との外観の違いは、ブリッジの形状である。性能は第一宇高丸より優れていたという。

太平洋戦争後の1945年~1948年にかけて、引揚者増大による乗客増加に対応するため、甲板に乗客を乗せて客船として運航される。

1961年(昭和36年)4月24日、運航を終了する。

1963年(昭和38年)鹿児島県西桜島村(当時)が同船を国鉄から買い入れ、日立造船向島東工場で3400万円をかけて改造、第二櫻島丸(当時)となる。バス8台搭載可能な自動車渡船に改造され、鹿児島港-桜島港間の村営航路(現・鹿児島市船舶局桜島フェリー)に就航。代替船の新造に伴い、1972年終航。

プロフィール[編集]

  • 総トン数:322.9t
  • 全長:156.6ft
  • 全幅:33ft
  • 貨車:ワム型15t積貨車 10両
  • 航海速力:9.4kt

※1ft=0.3048m