第九と皇帝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

第九と皇帝(だいくとこうてい)は、毎年行われるクラシックコンサートである。

1981年12月27日熊谷弘の提唱の下、ベートーヴェンを代表するピアノ協奏曲第5番「皇帝」交響曲第9番「合唱付き」を荒谷俊治指揮 東京交響楽団が日比谷公会堂で演奏したのが第1回であった。

第2回以降は、東京交響楽団新日本フィルハーモニー交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団等、在京の一流オーケストラの演奏、東京混声合唱団と第九を歌う会の合唱で毎年開催されている。近年は、楽壇トップ奏者たちにより特別に編成されたシンフォニーオーケストラ“グレイトアーティスツ”in Japanが演奏している。

2000年3月19日、熊谷弘指揮、九州交響楽団により、サザンクス筑後大ホールにて開催。


外部リンク[編集]