笠松病院 (岐阜県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 笠松病院
Kasamatsu Hospital2008-1.jpg
情報
前身 山本医院
許可病床数

88床
一般病床:70床



療養病床:18床
開設者 医療法人 清友会
開設年月日 1965年
所在地
500-8288
岐阜県岐阜市中鶉3丁目11
二次医療圏 岐阜
PJ 医療機関
テンプレートを表示

笠松病院(かさまつびょういん)は、岐阜県岐阜市にある病院

労災指定病院、救急指定病院である。また、岐阜市南部の医療の中心であり、岐阜大学医学部附属病院岐阜県総合医療センター岐阜市民病院と連携を行なっている。また、喜の里(指定介護老人保健施設)、ケアマネジセンター セーユー(指定居宅支援事務所)、フューチャー(訪問介護ステーション)、うずら訪問看護ステーションなどを併設する。

病院名の笠松とは岐阜県羽島郡笠松町のことであり、病院の開設された地名に由来する。開設地は木曽川の堤防に隣接し、笠松町の中心地(現在の笠松町役場付近)であった。敷地拡張が困難のため移転したという。

診療科[編集]

病床数[編集]

  • 88床
    • 一般:70床
    • 療養:18床

所在地[編集]

  • 岐阜県岐阜市中鶉3丁目11

交通機関[編集]

沿革[編集]

  • 1946年(昭和21年):岐阜県羽島郡笠松町相生町に山本医院として開業。
  • 1948年(昭和23年):病床を設置(3床)。
  • 1955年(昭和30年):笠松病院に改称(24床)。
  • 1963年(昭和38年):医療法人清友会を設立。
  • 1988年(昭和63年):現在地に移転。病床数を88床に増強。
  • 1989年(平成元年):介護老人保健施設「喜の里」を開設。

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度23分0.84秒 東経136度44分3.56秒 / 北緯35.3835667度 東経136.7343222度 / 35.3835667; 136.7343222