笠原紀久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
笠原 紀久
Norihisa Kasahara
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1973-09-28) 1973年9月28日(47歳)
出身地 東京都武蔵野市
ラテン文字 Norihisa Kasahara
身長 193cm
体重 88kg
血液型 A型
選手情報
ポジション WS
指高 248cm
利き手
スパイク 330cm
ブロック 318cm
テンプレートを表示

笠原 紀久(かさはら のりひさ、1973年9月28日 - )は、日本の元男子バレーボール選手。東京都武蔵野市出身。ポジションはウイングスパイカー

来歴[編集]

学生時代はジュニア代表に選ばれ、世界ジュニア、アジアジュニアに出場。中央大学を卒業後、1996年に東レ・アローズに入団。

元全日本代表の齋藤信治小林敦とは同期入団で、2005年の第11回Vリーグでは東レ悲願の初優勝に貢献した[1]

2008年の第57回黒鷲旗大会を最後に現役引退するまで東レの中心選手として活躍した。

所属チーム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 東レ初V、31歳トリオ悲願達成/Vリーグ”. 日刊スポーツ静岡版 (2005年3月13日). 2010年5月7日閲覧。

外部リンク[編集]