竹花光範

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

竹花 光範(たけはな みつのり、1943年10月4日 - 2008年2月12日)は、日本法学者駒澤大学法学部教授。専門は憲法長野県出身。

人物[編集]

早稲田大学法学部卒業後、同大学院修了。小林昭三に師事する。

駒澤大学副学長を歴任(2002年4月-2006年3月)。憲法学会理事長。

同僚の西修と並び、改憲派の急先鋒として知られた。

著書[編集]

  • 『憲法改正の法理と手続』(成文堂、1981年)
  • 『現代の憲法問題と改正論』(成文堂、1986年)
  • 『中国憲法論序説』 (成文堂、1991年)
  • 『憲法学要論』(成文堂、1995年)
  • 『憲法改正論への招待』(成文堂、1997年)
  • 『憲法学要論補訂版』(成文堂、1998年)

論文[編集]