竹村泰司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

竹村 泰司(たけむら やすし、1964年昭和39年) - )は、日本工学者[1]横浜国立大学工学部教授[1]磁気工学集積エレクトロニクスを専門とする。

現在、日本磁気学会電気学会応用物理学会電子情報通信学会日本ハイパーサーミア学会およびIEEE(アメリカ電気電子学会)所属。

経歴[編集]

1988年(昭和63年)、東京工業大学工学部電子物理工学科卒[1]1993年平成5年)、同大学院理工学研究科電気電子工学専攻・博士課程修了[1]。横浜国立大学電気電子情報工学科助手、講師、助教授を経て、現在同教授[2]1997年10月から1998年10月まで、ポールドルーデ固体エレクトロニクス研究所の客員研究員を務めた[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 研究者詳細「竹村泰司」”. 横浜国立大学. 2015年12月9日閲覧。
  2. ^ a b researchmap「竹村 泰司」”. 国立研究開発法人科学技術振興機構知識基盤情報部. 2015年12月9日閲覧。

外部リンク[編集]